保育園を増やすには保育士の給料を上げる必要がある

最近では夫婦共働きのご家庭が増えていますが、小さな子どもがいるご家庭の場合にはとても大変です。子どもを一人にしておく分けには行かないので保育園に預ける必要がありますが、都市部を中心にその数が足りないためになかなか子どもを預けることが出来ないご家庭が増えているのです。

子どもを保育園に預けることが出来ないとなると母親は仕事をすることを諦めなければならないことになりますが、都市部で生活して行くためには夫婦が共に働かなければ生活して行かれない家庭もあります。



ですからこの問題は早く解決しなければならないのですが、保育園と言う施設を作れば直ぐに問題は解決すると言った簡単なことではないのがこの問題の大きな特徴です。


保育園を開設するには一定の人数の保育士がいなければなりませんが、保育士の給料は他の業種に比べてかなり低いです。

そのためその給料の額ではとても生活して行くことが出来ないために、保育士の仕事をしたくても諦めざるを得ないと言った人が沢山います。せっかく保育士の仕事をしたいと思っている人が沢山いるのに給料の額の問題で働けないと言うのは、国にとっても自治体にとっても大きな損失です。



ですからこのような問題を解決するためには保育士の給料の額を上げる必要があります。


もちろんその他にも保育士の待遇を改善することも大切なことですが、まずは給料の額を増やすことから始めるのが効果的だと言われています。それによって保育園に子どもを預けることが出来ないご家庭が減るので、国や自治体は直ぐにこの問題に取り組む必要があります。

保育士の就職の情報が欲しい方必見です。