保育園ではどのような人を採用するか

保育園は0歳以上で小学校に入学する前の子供を主に見ています。

幼稚園と違い保育園は家庭での養育が困難な場合、保育士が保護者に変わって保育をする場です。

保育園に通うのは共働きの家庭が多く、近隣に祖父母など頼る人が少ないこともあります。



保育園に就職を考えた時、保育士の資格が必要となります。
保育士の試験は短大卒業程度であれば専門の学科を卒業しなくても試験を受けることができます。

なお、この試験には音楽、言語、造形と呼ばれる試験もありますが、実務試験や実務経験を積む場所はありません。

保育園に採用されるには実務経験がある方が、有利です。
保育士不足の傾向にあるため、実践力となる人が必要となるからです。

また、保育士の経験がなくても子育て中だったり、多くの子供を育てた経験があったりすると採用される確率が高くなります。

子供の事を理解するには子供と様々な事を経験し、子供と触れ合うことが大切ですので、実務経験がない場合は児童クラブなどで触れ合うなどしておくと良いでしょう。

採用試験において、保育士になるために、子供と触れ合ったということを述べるとやる気を伝えることができます。



また、親との信頼関係がとても大切になるため、コミュニケーション能力も必要となります。

コミュニケーション能力は意識して日々過ごすことで少しずつ身についていきます。

保育士の就職の情報はこちらのサイトです。

保育士として就職したい場合はコミュニケーションの取り方に関しても注目しておくと良いでしょう。